串だんごは、何故4個刺さっている?
串だんご

新貨幣、新硬貨の発行は、生活面に多くの影響を与えます。
その中でも、1767年(明治4年)に発行された四文銭は面白い存在です。この硬貨は、当時既に発行されていた一文銭とともに、寛永通宝(かんえいつうほう)と呼ばれました。

そして、影響を与えたものは、なんと串だんご!
この串だんご、それ以前は1串5個で売られていたのですが、1個1文と計算し、4個刺しに変わったのです。
これならば、四文銭1個でおつりがいらないというわけです。

現在も串だんごが4個刺しなのも、ここから来ています。

他にも、甘酒1杯八文、そば十六文と、物の値段が四文ないしはその倍になったものが多くありました。

四文銭発行当初は、現代と同じように、いわゆる便乗値上げが起きて物価上昇の原因になるのではないかと、喜ばれなかったということです。
雑学 豆知識
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
乳酸菌飲料に入っている乳酸菌は死んでいる?
年を取ると、本当に「面の皮が厚くなる」?
缶詰のフタの丸いデコボコは?
始祖鳥の羽は「ハエ叩き」だった?
江戸時代から、「ゴミを収集する」制度があった?

スポンサーリンク

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。

掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)