ビスケットには、何故ボツボツ穴があいている?
ビスケット

ビスケットを良く見ると、ボツボツと穴のあいているものと、あいていないものとがあります。
まるで飾りのようにきれいな穴があいているものは、食べるとサクッとした歯ざわりのあるハードビスケットで、他方の穴のない方は柔らかく、ソフトビスケットといわれます。

それでは、この硬さや舌触りの差はどこからくるのかといえば、ビスケットの生地の違いによるものです。

生地は、小麦粉にバター、砂糖、牛乳、ベーキングパウダーなどを混ぜ合わせて作られますが、ハードはソフトに比べると油脂肪分が少なく、植物性たんぱく質、すなわちグルテンがしっかり形成され、生地そのものが硬いのです。
そして、この生地をそのまま焼くと、内部にガスが溜まり、表面が不均等に盛り上がってしまいます。これを防ぐのが、のついた型抜きというわけです。

「ビスケットなど、しょせん子供の食べ物さ」、などとバカにせずに、一度じっくりと比べてみると、もしかしたら新たなおいしさが発見できるかも知れません。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
サングラスは、もともと日よけではなく、裁判官の表情を隠す道具だった?
将棋の「歩」の裏にある「と」の正体は?
「笑う門には福きたる」は、科学的にも正しかった?
子供の生まれにくい土地がある?
原爆投下の当初の候補地は京都だった?-知られざるアメリカ軍の原爆会議

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告