水引き結びに隠された意味とは?
水引き結び

水引き結びの始まりは、推古天皇の時代にまでさかのぼります。
小野妹子が隋の答礼使を伴って帰朝したとき、答礼使が回海路の無事を祈って、紅白に染めた麻紐で結んだ貢物を携えてきたといいます。

水引きは、和紙を細く切って、それを指で縒(よ)って「紙(こ)より」を作り、それに糊水を引いた後乾かして固めたもので、「糊水を引く」ことからその名がつきました。
水引きをかけることは、「自分を正しくして、先様を敬い、これに奉仕する」ことを意味しています。
「心」を「型」で表現しようとするものなので、色や結び方の違いで、その目的もまったく異なるものになります。

たとえば、婚礼・凶事などには、「二度とないように」と「ま結び」にして、両端を結び切りにします。

婚礼を除く吉事一般には、「再びあるように」と「蝶結び」にします。
「ま結び」にしたうえで、その端で「花結び」にすることもあります。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
日本で最初にオープンした喫茶店は?
初夢に見ると縁起が良いとされる「一富士(ふじ)、二鷹(たか)、三茄子(なすび」は、六まで続く?
コーヒーの飲み方の元祖は、トルコ・コーヒー?
温泉マークの由来は?
ロケットは、作用反作用の法則で飛んでいた?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告