ワイシャツの裾が、不必要に長いのは何故?
ワイシャツ 裾

ワイシャツの裾(すそ)ですが、ズボンから飛び出さない程度の長さがあれば良いと思うのですが、実際には、かなりの長さがズボンの下に隠れることになります。

何故、ワイシャツの裾は、不必要と思えるほど、こんなに長いのでしょうか?


実はこれには、深いわけがありました。
17世紀頃、ヨーロッパの紳士のパンツの代わりを果たしていたのが、この裾だったのです。

当時は、男女ともに下着をつける習慣はなく、肌に直接シャツを着ていました。
が、やがて女性が馬に乗るようになり、衛生面を気づかって(あるいは股ズレを嫌って?)下着が用いられるようになりました。

そして、男性も右にならえで、取りあえずシャツの裾を長くして、大切なところをガードしたというわけです。

が、全体的に長くしてしまうと、馬に乗るときに裾が鞍(くら)にかかってしまい、邪魔になります。
そこで、両側は切れ込むように短いデザインにしたのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
新幹線は、東京から北京までを結ぶ壮大な計画から始まった?
電球の発明者エジソンが死んだとき、追悼の意を込めて、全米が1分間電気を消した?
月の土地は1200坪、3000円程度で購入できる?
「下剤」と「下痢止め」を一緒に飲むとどうなる?
「リダイレクト」とは?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告