耳たぶの形が意味するものは?
耳たぶ

日本では、耳たぶの大きなを「福耳」といい、福相のしるしとして喜ぶ習慣があります。
が、この耳たぶ、生きていくうえでは大きくても小さくても何の影響もありません。
一体、この耳たぶには、何らかの意味や必要性があるのでしょうか?

人間動物学の専門家の説によれば、耳たぶを含めた外耳の部分は、元来集音機の役割を果たしていたといいます。
かつては人間も、大自然の中で暮らしていたので、さまざまな危険から身を守るために遠くの音を聞き取ることは、生きていくために必要不可欠な能力でした。
そのため、人間の耳も他の動物たちと同じように大きく発達していたのではないかというのです。

しかしながら、文明が発達するにつれて、人間の暮らしに遠くの音を聞く必要はなくなってきました。
それで、今度は文明に反比例するように大きな耳は退化していき、かつての名残として耳たぶが残ったのではないかというわけです。

その他、耳たぶは性感帯として発達したのではないかという動物行動学者の珍説などもあるようですが、いずれにしても、科学のレベルで判断する限り、あまり「福」とは関係がないようです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
パンクしても、走行できるタイヤがある?
8本足の「タコイカ」はタコ? それともイカ?
「シールド工法」は、フナクイムシからヒントを得た?
イギリスの春は、ライオンのようにやって来る?
和歌山県に、「アメリカ村」と呼ばれる地区がある?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告