温泉マークの由来は?
温泉マーク

温泉マーク。別名、逆さクラゲ。
一時は、連れ込み旅館を指す言葉として使われたこともありますが、最近ではブティックホテルなどの言葉にとってかわられ、あまり聞かなくなりました。

さて、この温泉マークの由来は、社会科で習った地図記号からです。
地図記号では、波型の湯気3本をもって温泉を表わすことになっています。この記号を流用して温泉マークが考案されました。

温泉を表わす地図記号が使われだしたのは、1885年(明治18年)に陸軍参謀本部測量課、のちの陸地測量部が作った地図が始まりといわれています。

その元祖となったのは、意外にもドイツの地図記号で、これは明治維新の日本が政治機構など多方面でプロシア(ドイツ)に範を仰いでいたことを考えれば、当然のことかも知れません。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
消費者の心理を逆手にとる高値のトリックとは?
風呂に入ると、指がシワシワになるのは何故?
アリジゴクの精巧なワナのカタチの作り方?
始祖鳥の羽は「ハエ叩き」だった?
「最初はグー!」と最初にいい出したのは、あの人気タレントだった?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告