頭の形は、幼児期の寝相で決まる?
眠る 赤ちゃん

よく、絶壁頭の人が、「オレ、赤ちゃんの頃、寝てばかりいたから…」などと言っているのを耳にします。
最近では、頭の形が良くなるようにと、赤ちゃんをうつぶせに寝かせたり、ドーナツ枕を使わせたりする親も多いようです。

それでは、本当に赤ちゃんの寝かせ方で、頭の形は決まってしまうのでしょうか?

人間の頭蓋骨は、およそ4つの骨が組み合わさってできていますが、生後まもなくから、骨がしっかりと組み合わさる2歳ごろまでが、頭の形が大きく変化する時期であることは確かです。

しかしながら、寝かせ方で頭の形が決定してしまうのかといえば、どうもそうではないようです。

赤ちゃんの頭は、左右均等には成長しません。
したがって、赤ちゃんは右の後頭部が大きくなると左に傾き、左の後頭部が大きくなると右を向いて寝るようになります。

つまり、寝かせ方で頭の形が変わるのではなく、頭の形で赤ちゃんの寝方が変わるというのが真相のようです。

また、絶壁頭も、寝かせ方とは何の関係もなく、大人になっても直らないのは遺伝のケースが多いのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「フリース」とは?
「事実は小説よりも奇なり」の出典は?
「不甲斐無い(ふがいない)」は、竹取物語から生まれた言葉?
お酒で憂さは晴れない?
ギザギザのある10円玉と、ツルツルの10円玉がある?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告