ワイングラスの柄が長いのは何故?
ワイングラス

酒を飲むための器としては、ワイン用には柄の長い杯型グラス、ブランデーにはブランデーグラス、日本酒には杯(さかずき)と、酒の種類にあわせて千差万別です。

さらに、ワイングラスの中でも、白ワインはシェリーグラス、赤ワインならクラレットグラスと細かく分かれています。

が、白も赤もグラスの柄が長いのは同じです。

ワイングラスは、飲む時の手のぬくもりがグラスに注がれたワインに伝わらないように、柄を長くしてあります。
グラスを持つ時にも、親指と人差し指で柄の一番上をつまみ、小指で柄の下の台を押さえます。

このようにすると、カッコいいのはもちろんですが、これはワインの温度を上げないための持ち方なのです。

なので、高級レストランに行っても、このことを知っておけば、恥をかかなくてすみそうです?!
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
日の丸の上には、何故金の玉が乗っている?
囲碁の石は、何故白と黒?
昆虫は、死ぬと何故あお向けになる?
泥棒が盗品を包んで背負っているのは、何故唐草模様の風呂敷?
えっ! 乾杯は毒殺防止から始まった?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告