大文字焼きの大の字は、どこから来た?
大文字焼き

京都の3大祭り以外で、最も人気を集める大文字焼き。
京都では、特に”大文字送り火”といい、毎年8月16日の午後8時ちょうどに点火される「大」の字は、一画125mにもなる、スケールの大きい送り火です。

この如意ガ嶽で焼かれる文字は、何故「大」の字になったのでしょうか?

最も有力といわれている説は、『花洛名勝図絵(からくめいしょうずえ)』に出てきます。
弘法大師空海が、悪霊退散のために大の字に75本の火を焚いて祈祷を行なったというものです。

が、その他にも諸説が入り乱れ、本当のところははっきりしません。

真夏の風物詩として、夜空を彩る炎も神秘的なら、その起源もまた謎めいているのが大文字焼きなのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
同じ便のパイロットたちは、同じ料理を食べることができない?
サンタクロースは、盗賊の守り神だった?
迷惑メール「スパムメール」は、缶詰の名前に由来する?
聖書にみるヒゲの起源とは?
ワイングラスの柄が長いのは何故?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告