ラクダのコブは、張りがあるうちが花?
「しぼむ」という言葉は、何となく悲哀が漂います。
それが夢であれ風船であれ、まして体の一部であったりしたらなおさらです。

砂漠に住むラクダのコブ、これも年を取るとしぼんできます。
ラクダのコブは、硬質の脂肪でできていますが、生まれたときにはあまり大きくありません。成長とともに次第に大きく、張りのあるものになっていきます。

が、コブの成長中に大病にかかったり、十分な栄養がとれなかったりすると、コブを支える筋肉の力が弱り、コブがしぼんでしまい、ひどいときには折れ曲がってしまいます。

こうなってしまうと、栄養をつけてもコブのしぼみ具合は良くはなりますが元通りにはなりません。

年とともに小さくなったり、ぺしゃんこになったり……、人間もラクダも、張りがあるうちが花なのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「小春日和」とは?
「歯に衣着せぬ」とは?
風呂に入ると、指がシワシワになるのは何故?
「四苦八苦」とは?
シラウオとシロウオは別の魚?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告