5円玉と50円玉の穴の謎?
何故、5円玉と50円玉にだけ穴があいているのでしょうか?

硬貨

これには、3つの理由があります。
1つは、地金の節約、2つ目は硬貨のデザイン上のバランス、そして3つ目が、目の不自由な方が触っただけで判別できるように、という配慮です。

硬貨の大小や周囲のギザギザのあるなし、そして穴があいているかどうかで、判別できる仕組みになっているわけです。

例えば、1円玉と50円玉は、大きさが同じですが、穴とギザギザがあるので目の不自由な方にも判別が可能です。
もちろん、普通に使う場合にも、硬貨に特徴があるので、受け渡し時に間違いは起こりにくいでしょう。

また、500円硬貨は、100円硬貨と瓜二つですが、「NIPPON500」の文字を刻むことで、判別しやすくなっているのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「小春日和」とは?
「夕張メロン」とは?
クマは冬眠中、一度もトイレに起きない?
人類初の有人飛行に成功したライト兄弟のうち、最初に飛んだのはどっち?
道路の数え方は、「一道路」「二道路」である?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告