空は、何故丸く見える?
どこまでも続く 空

子供の頃、「空はどこまで続いているのか?」「終わりはあるだろうか?」と、誰でも一度は空に思いを馳(は)せたことがあるのではないでしょうか?

空は丸い、といわれますが、これは空までの距離、星までの距離がまったく見当がつかないことから生じる錯覚です。
距離感、遠近感がつかめないと、全部同じ距離に見えてしまうのです。

そしてこの、全部が同じ距離にあるものがつまり「球」というわけです。
それで、空は丸く見えてしまうのです。

天動説が信じられていた時代には、空は大きな球と考えられていました。
そして、なんと、太陽と夜空に輝く多くの星は、それに張りつけられているものにすぎなかったのです。
当時の人々は、天球の内部は人間界、外側を天界と考え、神々が住んでいる天界を見るのが最大の夢だったといいます。

今夜あたり、童心にかえって夜空を眺めれば、天界への扉が見えるかもしれません。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
布団を干したあとの「お日様の匂い」が、実はダニの死臭だったって本当?
ラムネとサイダーの違いは?
ネコのマウスストーカー
超高層ビルの最上階には、振り子がある?
リカちゃん人形の靴は、舐めると苦いって本当?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告