盗んでも罪に問われない方法があった?-顔を見られたと思った泥棒が案じた一計とは
ナイロン・ストッキング

泥棒のウェアとして、広く人気のある覆面ですが、昨今はもっぱらナイロン・ストッキングを頭からすっぽりかぶる、というのが定番になっています。

ナイロン・ストッキングは、視界を邪魔しないうえ、仕事の途中でパラリと脱げてしまう可能性がきわめて低いので、愛好者の間では高く評価されているようです。

この泥棒も、ナイロン・ストッキンングにすればよかったものを、ありあわせの手ぬぐいか何かを使ったのが災いしました。
仕事中にパラリと脱げてしまい、被疑者に自分の顔を見られたと思い込んだのです。

この日の彼の稼ぎは20万円。
主婦をナイフでおどしての仕事でしたが、一件で20万円とはまずまずの成果といってよいでしょう。
が、万一その主婦が自分の顔のモンタージュ写真をつくり、指名手配になったりしたら、今後自由に世間を歩けなくなってしまいます。

どうしたらよいのか、あれこれと思い悩んだこの泥棒は、一計を案じました。
数時間後、さきほど泥棒に入った家に、借用書を届けたのです。

こうしておけば、万一御用となった際にも、「ちょっと借りただけ」と言い逃れできるのでは、と考えたからでした。
珍事件簿
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
古代ギリシャでは、美人は無罪だった?
推理小説をそっくりマネた、大掛かりな詐欺事件があった?
成功率100%、これぞ新種の座席取り法?
リンカーンとケネディーの暗殺には共通点があった?
「所得申告」した律儀な泥棒?

広告

珍事件簿 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告