パーマのウェーブは、泥から生まれた?
パーマ

パーマの発明者は、マルセル・ネスラーという人です。
彼が、初めてパーマ店を開いたのは、1906年のことでした。

面白いのは、マルセル・ネスラーがパーマの技術を発明したきっかけです。
それは、彼がアフリカを旅行していたときのことです。
原住民の女性が、髪に小枝を巻いて泥を塗り、髪を乾かしているのを見かけたのです。
そして、その小枝を外したあと、きれいな巻き毛になっているのにピンときたネスラーは、その女性の使った泥を持ち帰り、成分を調べてみました。

その結果、この泥にはハンダづけなどに使われている硼砂(ほうしゃ)という成分が含まれていることが判明。
かくして、髪のウェーブを固定させて、かつ長持ちさせる成分が発見されたのでした。

ちなみに、当時の髪にパーマをかける器具はバカでかく、また髪に巻くカーラも真鍮(しんちゅう)製で、1個が800gもある重いものだったといいます。
おまけに、髪が乾くまで6時間もじっとしていなければならなかったということなので、これはもう、想像しただけで疲れる話ですね。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
江戸時代には、玉で玉を数えていた?
学校の創立記念日は、どのように決められる?
結婚式の祝膳に、よくハマグリが出るのは何故?
同じ道なのに、帰り道の方が短く感じられるのは何故?
弁護士は、弁護士会から除名されると、何故活動できなくなる?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告