力士の「下がり」は何のためにある?
相撲取り 下がり

相撲中継を見ていて、力士のまわしの下でブラブラと揺れている「下がり」は、何のためについているのだろうと思ったことはありませんか?

この「下がり」は、実際何の役にも立っていないように見えますが、そのルーツを辿ってみると、昔はそれなりの役目があったのです。

ずばり、この「下がり」は、男性自身のふくらみを隠すためにあったのです。
それでは何故、あのようなヒモが? と 奇異に思われるかも知れません。

その昔、時の権力者の前で相撲を披露していた頃は、偉い人の前でフンドシ一丁姿というのは失礼にあたるということで、現在の化粧まわしのようなもので相撲をとっていました。

が、いくらなんでもそれでは相撲はとりにくい。
それで、時代とともに「下がり」は簡略化され、現在のような長い布をノリで細く固めた、すぐに取り外せるものになったというわけです。

そうなれば、今の「下がり」は形骸化したもので、何の役にも立っていないように見えるのは当然のことなのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
食用アンコウは、そのほとんどがメス?
ビル風は、防風林の仕組みで防いでいた?
「ついてる」というのは、キツネが憑いたこと?
味噌樽のフタは、何故円錐形をしている?
えっ? マウスの移動単位は「ミッキー」?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告