ダックスフンドは、何故胴長短足?
ダックスフンド

ユニークな体型で、愛玩動物として人気のあるダックスフンド(Dachshund)。
このドイツ原産の犬は、もともと穴熊(あなぐま)狩りの名手でした。
ダックスフンドの、あの胴長短足の体が、潅木(かんぼく)の中での猟に絶大な威力を発揮したのです。

ダックス(Dachs)とは、ドイツ語で穴熊の意味。タヌキほどの大きさの穴熊は、土に穴を掘って巣をつくります。
ダックスフンドの祖先は、その穴に飛び込んで獲物を追い出した、野性の短足種だったと思われます。
それを狩りに役立つ犬にするために、人間が交配を重ねていった結果、今日のようなダックスフントが生まれたのです。

一見、笑いをさそうあの胴長短足型も、ダックスフンンドにとっては、誇らしい勲章のようなものかも知れません。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「キーン・コーン・カーン・コーン」の学校のチャイムは、ロンドンのビッグ・ベンの鐘の音と同じ?
カーディガンは、戦争から生まれた?
オールステンレスの包丁には、手術用メスの技術が応用されていた?
電気プラグの先にある穴は何?
えっ! 「佐藤栄作」の切手が海外で発売された時、「佐藤B作」と間違って表記された?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告