タータン・チェックは、計算機だった?
タータン チェック

スコットランド布の代表的な柄がタータン・チェック。
スコットランドでは、旧家の家柄を示すという由緒ある模様で、今や世界的にポピュラーな柄となっています。

が、タータン・チェックの誕生は、家柄とはまったく関係ないところにありました。

西洋では、紀元前から大理石の板の表面に平行線を何本か刻み、その上に小石を並べて計算機として使っていました。
模様を使用して一の位、十の位、と筋を決め、そろばんのように使うのです。

その後、机の表面に線を入れて、計算テーブルとなります。

そして、それを持ち運べるように改良したのが、線を入れた計算布(チェッカー・クロス)だったのです。

このチェッカー・クロスが広く普及し、現在ではタータン・チェックと呼ばれるようになったのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「フランダースの犬」の主人公「ネロ」は、最初何と訳された?
「おくの細道」の松尾芭蕉と忍者・服部半蔵は同一人物だった?
「八犬士」とは?
「JEITA測定法」とは?
「七福神」とは?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告