ヘビの舌は、何故2つに割れている?
ヘビの 舌

ヘビといえば、その気味悪さから、見るのも嫌いという人が多いです。
あの長い体もさることながら、特に、ペロペロと出る舌がグロテスクさを助長させるようです。

さて、この舌をよく見てみると、先が2つに割れていることが分かります。
ヘビの舌は、ほかの動物と違って、味覚のためにあるのではなく、臭いをかくためのものなのです。

舌で、空気中に漂う匂いの微粒子をキャッチする、獲物を捕らえる。
つまり、レーダーの役目を果たし、獲物との距離を測っているというわけです。

そして、その表面積をできるだけ大きくするために、その舌の先は2本に割れているのです。

ということは、ヘビが舌をペロペロと出しはじめたら、周囲に注意を払っている証拠。
こちらも注意しなければなりません。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「幻肢」とは?
「上野の西郷隆盛像」の除幕式で、西郷の妻が口にした驚きの一言とは?
ドラマで、未成年者がタバコを吸うのは法律違反?
ローマ貴族たちは、バカバカしいほどの贅沢をしていた?
サッカーの監督は、何故ネクタイにスーツ姿?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告