「八頭身」は、本当に美人の条件?
ミロのビーナス

最近、八頭身美人という言葉を聞かなくなりました。
この言葉は、以前はミスコンテストの女王や、モデルあがりの新人女優などにしばしば使われていました。

人類の美の理想を決めてしまったといわれるギリシア彫刻。その最高傑作、ミロのビーナスはどうだったのでしょうか?

1964年(昭和39年)に、ミロのビーナスが来日したことがあります。その時の測定記録によれば、身長が2メートル9センチ、頭からアゴの先までが26.7センチと、ほぼ八頭身になっています。

こうなるとやはり、八頭身は美人の絶対条件といえるのかも知れませんんね。

しかしながら、ミロのビーナスのスリーサイズは、バスト1メートル21センチ、ウエスト97センチ、ヒップ1メートル29センチと、プロレスラーのように大きいのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
心臓が停止しても、精子は3日以上生き続ける?
パトカーにも制限速度がある?
時計のディスプレイは、何故10時10分?
マゼランは、世界一周を達成していない?
明治時代の学校では、折り紙を教えていた?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告