名刺の大きさは、どのように決まった?
名刺 交換

今や、世界中のビジネスマンが持つようになった名刺
1980年代に起こったCI(コーポレート・アイデンティティ)ブームのお蔭で、色・ロゴマークは個性的なものが増えましたが、そのサイズについては、あまり変わったものは見ません。

日本で使われている名刺のほとんどは、55X91mmという妙に中途半端なサイズ。

実は、江戸時代には既に和紙に手書きした名刺が使われていたようで、黒船で来航したアメリカの使節団と、江戸幕府の役人が、名刺を交換したという記録も残っています。
が、その大きさについては、特に記録されていません。

ただ、戦後メートル法に変わる以前から、名刺の標準サイズは現在のものとほぼ同じ1寸8分X3寸と決まっていたといいます。

これがルーツといえそうなのは、1854年にフランスの写真家が、「写真入り名刺」の特許をとっていて、その大きさが57X92mmと、現在のサイズに近いものでした。

結局は、手のひらに乗る手ごろなサイズが、ずっと使われてきたということらしく、どこの国の名刺もほぼ同じくらいの大きさのようです。

名刺は、いわばビジネスマンの顔。
この顔は、大きすぎても小さすぎてもいけないようです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「隈取」とは?
女性専用車は、明治時代から存在していた?
美女のみをリストラした、徳川吉宗のするどい思惑とは?
伊豆七島とは?
「ポリアンナ症候群」とは?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告