後世に語りつがれる強盗?
銀行 強盗

強盗というのは、本来他人の家に押し入り、相手を脅して金品をうばい取るのが目的ですが、中には、スケールが大きかったり、その手口が非常に変わっているため、名前がつけられて後世に語りつがれている強盗もいます。

大正の末期から昭和の初めにかけて大暴れした、左官の妻木松吉もその1人。
彼は、他人の家に侵入しておいて、「お宅は戸締りが悪いよ」などと説教し、金品を奪ったので、『説教強盗』と呼ばれました。

松吉は、強盗56件、窃盗29件、強盗傷人(強盗+傷害)、婦女暴行3件を働き、昭和44年にようやく捕まり、無期懲役となりました。
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
OLへの叱言にはご用心?
レースの盲点をついた、八百長競輪の手口とは?
盗んだ米の重さで窒息死?
オーストラリアの銀行が、ネコにクレジットカードを発行?
首を切り落とされても歩くニワトリ?

広告

珍事件簿 | Trackback(0) | Comments(2) |
コメント
はじめまして。

雑学王なんですね。知らないことだらけです。

しかし、厄介な強盗だったんですね…。バラエティの番組などで取り上げられても良さそうな犯人ですね。

これからの更新も楽しみにしております。今後とも宜しくお願いいたします。

| 2006-05-15 月 23:05:17
Re:はじめまして。
MASAさん、いらっしゃいませ。v-290
コメント、ありがとうございます。

そうですね。昔、ウイークエンダーというTV番組があって、新聞の3面記事をドラマで再現するというセグメントがあったのですが、もしその番組が今でも放送されていたら、もしかしたらこの松吉も取り上げられていたかも知れませんね。v-294

はい。ここのブログでは、「雑学」、「お役立ち情報」、「珍事件簿」の3本立てで日記を更新していくので、よかったらまたいらしてくださいね。v-410

それでは、こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします。v-522
| 2006-05-18 木 00:17:45
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告