武士のちょんまげにも意味がある?
武士 さむらい

時代劇に登場する武士のちょんまげスタイルですが、良く見ると、ちょんまげの前頭部、月代(さかやき)と称する部分を青々と剃っています。

武士といえば、戦争をするのが本業。いざ合戦ともなれば、鎧兜(よろいかぶと)に身を固め、出陣とあいなります。

しかし、兜(かぶと)というのは重くて、通風も良くありません。
そこで、頭がむれないようにと、髷の前の部分を剃ったのが、このヘアスタイルの始まりといわれています。

また、浪人に髷の回りに髪を伸ばした総髪が多かったため、差別化をはかるという目的もあったようです。
そうした特権意識は、町人の心をもくすぐり、月代を剃る習慣が広まりました。

これは、何やら現代のヘヴィメタル・バンドの奏者が、髪を金色に染めて逆立て、「そこらへんの軟弱バンドと一緒にしてくれるなよ」とヘアスタイルで自己表現しているのに一脈通じるところがあります。

もっとも、こちらの方は、カッコイイからと真似をする人はあまりいないようですが…。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「トースト」とは、乾杯のこと?
「出稽古」とは?
ビタミンの摂りすぎもまた害?
「パイ」と「鵲(かささぎ)」の意外な関係とは?
リカちゃん人形の靴は、舐めると苦いって本当?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告