玄関先で、履物をそろえる意外な意味とは?
靴をそろえる

子供の頃、玄関で履物を外に向ける、いわゆる「出船」の形にそろえておくよう躾(しつ)けられた人は多いと思います。
そして当時、その意味のなさに一抹の不条理を感じた人も多いのではないでしょうか?

しかしながら、この「出船」にはきわめて合理的な、それも命がけの理由があったのです。

履物を外に向けてそろえておく作法は、武士の間で広まったお茶の世界から生まれました。
戦乱の世を生きる彼らにとって、茶室での精神統一はつかの間のオアシスでした。
が、敵はいつ襲ってくるか分かりません。
いざというときのために、刀を身のそばに置き、履物もすぐ飛び出せるようにしておく必要がありました。

不用意な「出船形」は、武士の恥。
常に戦いを意識した「出船形」は、武士道精神を象徴しているのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
ワイングラスの柄が長いのは何故?
中華料理店の回転テーブルは、日本発祥だった?
日本最初の水道の蛇口は、ライオンだった?
ジョージ・ワシントンの「入れ歯のにおい対策」は斬新だった?
ジャガイモを光に当てると、青くなるのは何故?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告