アリジゴクの精巧なワナのカタチの作り方?
アリジゴク

アリジゴクは、その名の通り、すり鉢状の罠の底で、アリやクモが罠にかかるのを待ちます。
そして、ひとたびこの罠にかかった獲物は、いくら這い上がろうともがいても、まず逃げ出すことはできません。
たいていは、アリジゴクに食べられてしまいます。

さて、この罠ですが、非常に巧妙にできているのをご存知でしょうか?
アリジゴクは、まず乾いた砂を選び、雨の当たらないような場所に穴を掘ります。
そして、穴を掘るときに、大きめの砂は外に出し、細かい砂だけを残します。
サラサラと、細かく乾いた砂の穴にいったんはまり込んだ獲物は、当然這い上がるのが難しくなります。

斜面は、まるで測ったように、絶妙な勾配(こうばい)になっています。
勾配が緩やかすぎると獲物に逃げられ、逆に急すぎると斜面が崩れて穴が埋まってしまいます。
アリジゴクは、虫がよじ登ろうとしてやっと崩れるくらいの勾配に仕上げているというわけです。

アリ地獄
写真は、こちらからお借りしました。

これは、人間のもつ土木技術に匹敵するような技術力です。
しかも、アリジゴクは、この穴をたった1日で完成させてしまうというのですから、2度驚きです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
インチキ・ボナトって、何のこと?
「ケミカルピーリング」とは?
ドライアイスは、何でできている?
「成人の日」とは?
心臓が停止しても、精子は3日以上生き続ける?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告