キリンの首は、何故長い?
キリン

キリンは、動物の中で、一番長い首をもっています。
子供のキリンで2m、大人になれば5mにもなる、背高のっぽ。

反面、キリンは草食動物の中では鈍足。時速50kmくらいでしか走れません。
また、食べ物に関しては、木の高さが草原でひときわ目立つアカシアの枝葉を好んで食べる、なかなかのグルメです。

こうした条件が、キリンの首を長くしました。
足が遅い分、敵の襲来を高い位置から180度近い広角の目で、いち早く発見します。

そして、大好物のアカシアを悠々とほうばるため、といった必要が生んだ首でした。

ところで、キリンの心臓は、血液をあれだけ長い首の上まで送り上げなくてはなりません。
これは、かなりの負荷です。

野生のキリンの血圧は最高で300mmHg、平均でも260/160mmHgと、人間の約2倍に達します。
もちろん、その分血管の壁も強靭にできており、また急激な血圧の変化を吸収する「ワンダーネット」というしくみもあり、これらすべてが長い首に適応しているのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
東京タワーは何でできている?-戦車の鉄でできていた
「アウトレット」とは、どんな店?
レコードのシングル盤の穴は、何故大きい?
犬もあくびをする?
ラムネとサイダーの違いは?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告