灯油ポンプは、サイフォンとスポイトの合体?
灯油ポンプ

灯油をストーブやファンヒーター等に入れるときに使う灯油ポンプ。
灯油ポンプは、単純な仕組みの道具ながら、なかなか便利な発明品です。

この灯油ポンプ発明のヒントとなったのは、サイフォンの原理です。
これは、「液体は、高いところから低いところに流れる。途中に高いところがあっても、一度流れ始めてしまえば流れ続ける」というものです。

最初、醤油(しょうゆ)を一升瓶から醤油差しに移す方法を考えていた発明者は、このサイフォンの原理を実践してみました。
それには、管を口で吸って、醤油が口に流れ込む寸前でパッと口を離さなければなりません。
この方法は面倒だし不衛生、それに醤油を飲み込んでしまっては大変です。

そこで、何か良い方法はないかと思案しているときに、万年筆にインクを補充するときに使うスポイトをみて、ひらめいたのです。そうだ、この2つを合体すればよいのではないかと。

こうして、サイフォンとスポイトの機能を合体させた、便利な「灯油ポンプ」が生まれたのです。
このとき、発明者は、まだ中学2年生だったというのですから驚きです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
弁護士は、弁護士会から除名されると、何故活動できなくなる?
ナイフとフォークを交差させる理由は?
肉じゃがの生まれたいきさつは?
酸素のない宇宙で、太陽は何故燃えることができる?
人の体に最も多く含まれる重金属は何?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告