理髪店の看板の模様の由来は?
理髪店

理髪店の店先にある、赤、青、白がグルグル回っている看板。
あの看板には、どのような意味があるのでしょうか?

結論を先に書けば、あの赤は人間の動脈を、青は静脈を、白は包帯を表わしています。

それでは、何故理髪店がそんな意味の看板を置くようになったのでしょうか?
それは、中世ヨーロッパでは、理髪店が簡単な外科医も兼ねていたためです。

医学が現在のように発達する前、うんだ傷口などをちょっと切ってもらうには、刃物を使い慣れている理髪店が一番だったというわけです。
その頃の医療というと、体内の悪い血を腕から取る「放血術(ほうけつじゅつ)」が中心に行なわれていました。
そして、赤、青、白の看板は、この放血術を施した腕を意味していたのです。

この看板は、1540年に、フランスの床屋、メヤーナキールが考え出したものですが、その後床屋が外科医をしなくなっても、看板だけが残り、日本にも普及します。
それだけ、デザイン的に高度で、目立つものだったということなのでしょう。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「無鉄砲」という言葉は、鉄砲とはまったく関係がない?
スイスの郵便ポストの色は何色?
ポイントカードで、文字が書き換えられる仕組みは?
日本で最初に発行された記念切手は?
「黙秘」して、何も言わなかったらどうなる?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告