レンコンには、何故穴がある?
レンコン

レンコンには、何故穴があいているのでしょうか?
「それは、カラシを詰めるため」と答える人は、きっとユーモアのセンスのある人だと思います。

レンコンは、漢字で書くと「蓮根」。実は、私たちが食べているのは、ハスの土の中にある地下茎(ちかけい)の部分です。
この地下茎には、いくつもの節があり、ストローを通したような穴があいています。

ハス 地下茎

さて、この穴は日光・栄養・水とともに、植物の成長になくてはならない空気を、地下茎の末端にまで行き渡らせるパイプの役目をしているのです。

ハスの葉で吸収された空気は、その葉の中心部にある2本の空気穴を通り、土中の地下茎へと送り込まれてきます。
ハスが生きる水田や湿地の水底で空気を取り入れるためには、これだけ太くてしっかりとしたパイプが必要というわけなのです。
雑学 豆知識
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「上野の西郷隆盛像」の除幕式で、西郷の妻が口にした驚きの一言とは?
「かっぱえびせん」には、「かっぱ」のマスコットキャラクターがいた?
玄関先で、履物をそろえる意外な意味とは?
「親殺しのパラドックス」の答えは?
江戸時代には、玉で玉を数えていた?

スポンサーリンク

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)