レンコンには、何故穴がある?
レンコン

レンコンには、何故穴があいているのでしょうか?
「それは、カラシを詰めるため」と答える人は、きっとユーモアのセンスのある人だと思います。

レンコンは、漢字で書くと「蓮根」。実は、私たちが食べているのは、ハスの土の中にある地下茎(ちかけい)の部分です。
この地下茎には、いくつもの節があり、ストローを通したような穴があいています。

ハス 地下茎

さて、この穴は日光・栄養・水とともに、植物の成長になくてはならない空気を、地下茎の末端にまで行き渡らせるパイプの役目をしているのです。

ハスの葉で吸収された空気は、その葉の中心部にある2本の空気穴を通り、土中の地下茎へと送り込まれてきます。
ハスが生きる水田や湿地の水底で空気を取り入れるためには、これだけ太くてしっかりとしたパイプが必要というわけなのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「KY」とは?
広告が関心集めに多用する「3B」とは?
ラクダのコブは、張りがあるうちが花?
ライフセーバーが溺れている人を助けるとき、一度海に沈めることがある?
バーコードの番号だけで値段は分かる?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告