ギザギザのある10円玉と、ツルツルの10円玉がある?
10円玉

たまに、周囲にギザギザのある10円玉を見かけることはないでしょうか?

現在出回っている10円玉は、周りがツルッとしたギザギザのないもので、これは、1961年にチェンジしました。

硬貨の周りにあるギザギザは、もともとは高額硬貨を他と区別するためにつけられたものでした。
というのは、当時は10円玉が、硬貨としては最高金額だったのです。

が、やがて1955年(昭和30年)に50円硬貨が、そしてその2年後の1957年(昭和32年)に100円硬貨が発行されてからは、10円玉は高額硬貨の座を降りたというわけなのです。

そして、高額硬貨の座を失うとともに、10円玉の周囲からギザギザも姿を消しました。

なので、もしもあなたが、ギザギザつきの10円玉を目にしたら、それは50歳くらいになった「オジさん10円玉」ということになり、希少価値があることになります。
雑学 豆知識
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「耳かき」のフサフサの部分の名前は何?
女性専用車は、明治時代から存在していた?
「出稽古」とは?
細胞を生きたまま封じ込めるCAS冷凍とは?
手品で使うハトは、何故いつも白い?

スポンサーリンク

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)