ギザギザのある10円玉と、ツルツルの10円玉がある?
10円玉

たまに、周囲にギザギザのある10円玉を見かけることはないでしょうか?

現在出回っている10円玉は、周りがツルッとしたギザギザのないもので、これは、1961年にチェンジしました。

硬貨の周りにあるギザギザは、もともとは高額硬貨を他と区別するためにつけられたものでした。
というのは、当時は10円玉が、硬貨としては最高金額だったのです。

が、やがて1955年(昭和30年)に50円硬貨が、そしてその2年後の1957年(昭和32年)に100円硬貨が発行されてからは、10円玉は高額硬貨の座を降りたというわけなのです。

そして、高額硬貨の座を失うとともに、10円玉の周囲からギザギザも姿を消しました。

なので、もしもあなたが、ギザギザつきの10円玉を目にしたら、それは50歳くらいになった「オジさん10円玉」ということになり、希少価値があることになります。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
右顔と左顔、写真写りのいいのはどちら?
「下剤」と「下痢止め」を一緒に飲むとどうなる?
体温計の目盛りは、何故42度までしかない?
国道には、途中で階段になっている場所がある?
ワイングラスの柄が長いのは何故?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告