コンビーフの缶詰だけ、何故円錐形をしている?
コンビーフ

色々な缶詰がある中で、コンビーフだけが円錐形をしています。
これは、何故なのでしょうか?

コンビーフの、あの独特の形は、ブラジル、アルゼンチンで始められましたが、当時は真空装置がなく、手でコンビーフを詰めていました。
缶に空気が入らないようにビッシリ詰めるには、あの形がベストだったのです。

そして、いつしかこれが世界中に広まり、コンビーフといえば円錐形というイメージがすっかり定着したのです。

もちろん、現在は真空装置もあるので、他の缶詰同様、丸い形にすることは簡単です。
というより、その方がコストもかからず、実際、今までのものよりも安い、円柱形のコンビーフも発売されています。
しかし何故か、円錐形の缶の方がよく売れてしまうのです。

クルクルと缶を空け、カパッとふたをとると、コンビーフがその形のままで現われます。
今でも、世界中の人々が、そのイメージから離れられないというわけです。
雑学 豆知識
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
空手と少林寺拳法の違いは?
「ガチ」とは?
NASAが、小惑星の落下によって滅びる恐れのある10カ国を発表?
オールステンレスの包丁には、手術用メスの技術が応用されていた?
日本最初のホームページは?

スポンサーリンク

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)