電気プラグの先にある穴は何?
電気プラグ

もはや電気製品なしの生活など考えられない現在ですが、その電気を得るために電気器具についているのが電気プラグ。
が、この電気プラグの先端についている2本の金属板をよく見ると、先の方に丸い穴があいています。
これは、一体何のためにあけてあるのでしょうか?

これは、プラグが簡単にコンセントから抜けないように考えられた、賢い工夫なのです。
プラグの先の部分は、コンセント内の2枚の金属板にはさまれて固定されるわけですが、これだけでは入りやすいと同時に、抜けやすくもあります。
そこで、はさむ側の金属板の中央付近に小さなコブ状の突起をつけ、はさまれる側の方には穴をあけ、両者がかみ合うことで抜けにくくしたわけです。

これならば、軽く引っ張られたくらいでスポッと抜けることはなくなるわけです。

だからといって、プラグが抜けるほどの衝撃を与えていいわけではありません。
大きな衝撃を与えると、ACプラグ本体はもちろん、電気製品自体も故障しかねないので、ご注意を。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「ギネスブック」とは?
タータン・チェックは、計算機だった?
ポイントカードで、文字が書き換えられる仕組みは?
日本で最初にオープンした喫茶店は?
ヘビの舌は、何故2つに割れている?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告