象の耳は、何故あんなに大きい?
象の 耳

象は、体の非常に大きな動物。特徴は、何といってもあの長ーい鼻とヒラヒラした大きな耳ですね。
鼻の機能については良く知られるところですが、それでは、あの耳は何故あんなに大きいのでしょうか?

の鼻は、実はうちわの役割を果たしているのです。
象の耳の裏側には、網の目のように血管が走っています。象は、「暑い!」と感じると、耳をパタパタさせて、冷たい空気を送ることで血管を冷やし、温度の下がった血液が体内に流れるようにするのです。

また、象を良く観察してみると、インド象よりもアフリカ象の方が、大きな耳をもっていることが分かります。
これは、サバンナに住み、隠れる木陰の少ないアフリカゾウの方が、耳をパタパタさせる必要性に迫られ、より耳が大きくなったというわけなのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
偽札を警察に届けたら、損をする?
夏目漱石は、「吾輩は猫である」のネコが死んだとき、死亡通知を出した?
日本で初めて新婚旅行をしたのは誰?
爪は、子供の方が速く伸びる?
え? 壁をはうカタツムリは、コンクリートを食べている?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告