ハチの巣房は、何故六角形?
ハチの巣

ハチの巣を良く見てみると、きっちりと六角形の部屋(巣房)が並んでいます。
一体ハチは、どうしてそのような大工さんのようなことができるのでしょうか?

正確に言えば、ハチの巣房はすべて六角形というわけではありません。
六角形の巣房を作るのは、ミツバチ、アシナガバチ、スズメバチなど、たくさんの仲間と社会生活を営むハチのみです。

これらのハチが、あたかもものさしで測ったように、同じ大きさの六角形を並べることができるのは、頭にある2本の触覚を、実際ものさしとして使っているからだといわれています。
巣作りの材料であるミツロウが、六角形になりやすい性質をもっているのもその一因です。

また、実はこの六角形という形にも大切な意味があります。
例えば円や八角形では、並べると隙間ができて無駄な部分ができますし、かといって三角形や四角形では、隙間なしに詰め込むことはできても、六角形と同じ面積を占めようとすれば、辺の長さの合計が六角形よりも長くなってしまいます。

六角形は、最も少ない材料で、最も大きな空間を作り出すことができる合理的な形というわけなのです。
そしてハチは、本能的にそのことを知っているのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
大名行列は、人目がないところでは走っていた?
ヒンズー教行者の理解を超えた苦行とは?
「生きている化石」と呼ばれる魚は何?
爪は、子供の方が速く伸びる?
え? 壁をはうカタツムリは、コンクリートを食べている?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告