フォークの先は、何本に分かれている?
刺したり、すくったりと非常に便利なフォーク。このフォークは、先が何本に分かれているかご存知ですか?

正解は4本です。フルーツなどのデザート用は3本ですが、食事用のものは4本に決められています。

フォークと スプーン

そもそも、最初にフォークを使いはじめたのは、11世紀の初め、イタリアの金持ちたちです。
当時のフォークの先は、2本に分かれていました。

それが、今から約100年ほど前に、現在のような、先が3本、4本のものに改良されたといいます。
2本のままでもよさそうなものですが、肉などを刺したときに、2本ではどうも安定が悪そうです。
かといって、5本も6本もに分かれていると、今度は幅が広くなってしまい、口の幅とのバランスが悪くなってしまいます。

刺しやすく、なおかつ口の幅とのバランスも最適、つまりは食べやすい形を考慮した結果、フォークの先は3本、あるいは4本に落ち着いたということです。

してみると、フォークの形は人間と道具との長い歴史の産物、といえそうです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
牛の4つの胃袋の名前は?
「黙秘」して、何も言わなかったらどうなる?
海亀の性別は、どのようにして決まる?
門松は、何故斜めの切り口なのか?
マンホールの蓋は、何故円い?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告