百円ライターを真ん中で仕切っている壁は何?
中が透けて見える百円ライターの、何となく気になる真ん中の仕切り。
これには一体、どんな意味があるのでしょうか?

百円ライター 仕切り
写真は、こちらからお借りしました。

これは、プラスチック製のオイル・ケースの補強のためについています。
こう書くと、何か単純でつまらない理由のように思われるかも知れませんが、この仕切りは大変科学的で、重要なものなのです。

ガスは、温度が上がると膨張します。そのため、膨張に耐えうる強度のあるケースでないと、爆発してしまい、危険です。
そこで、ケースを補強するために真ん中に仕切りをつけてあるのです。

つまり、この仕切りのある構造を採用することによって、プラスチックというコストの低い素材をライターに使用することができるようになったのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
ハリセンボンには、本当に1000本の針がある?
ハッピーマンデー制度とは?
ティラノサウルスは走れない?
えっ! 北海道には、モモンガ専用の横断道路がある?
ギザギザのある10円玉と、ツルツルの10円玉がある?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告