聖書にみるヒゲの起源とは?
アダムとイブ

「旧約聖書」に登場する最初の人、アダムとイブ。
そのアダムが、最初からひげを生やしていたかどうかは議論の対象になっていますが、詩人バイロンによれば、アダムのひげは、罪のしるしということになっています。
罪とはもちろん、神の禁則を破って、知恵の木の実を食べた原罪のことです。

アダムとイブは、知恵の木の実を食べると、お互いが裸であることに気づき、イチジクの葉を急いで腰に巻きました。
そのときに、ひげが生えたといいます。

これがのちに、男性の威厳を表わすシンボルとなり、古代には、ひげは最高の地位を占める神や人物の象徴でした。

現代では、ひげはおしゃれの小道具となっていますが、やはりシンボリックな男らしさを表わしたいときに、ひげが用いられることが多いようです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
頭に「たんこぶ」ができるメカニズムは?
「スープの冷めない距離」は2キロまで?
最も良く使われる漢字は?
世界でいちばん深い湖は?
紫式部が幻滅した、清少納言の容姿?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告