空手と少林寺拳法の違いは?
空手

空手は、時代ははっきり分かりませんが、中国拳法が琉球王朝時代の沖縄に伝わり、唐手(からて)として定着したもので、その後大正末期に本土に紹介され、昭和の初期に空手といい習わすようになって、全国に定着しました。

少林寺拳法は、創始者の宗道臣(そう どうしん、1911-1980)が戦前、中国で17年間中国拳法を修行した経験をもとに、戦後独自に体系、組織化したものです。
ルーツが中国にあるという意味では、ほぼ同じです。

どちらも、自己鍛錬を重視するなど、共通点もありますが、形、ルールなどは違います。
技をみると、空手は「突き」と「蹴り」が主ですが、少林寺拳法の方は、他に「投げ」も多く使います。
また、空手は拳(こぶし)を鍛えますが、少林寺の方は特に鍛えません。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
日本で初めて新婚旅行をしたのは誰?
「ナポレオン・コンプレックス」とは?
コーヒーを飲むと、頭が良くなる?
ATMで、硬貨は何枚まで預けることができる?
人体に、発信機を埋め込む時代がやってくる?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告