政治家の答弁にゴマカされないコツは?
国会 議事堂 答弁

「符牒(ふちょう)」という、その世界だけにしか通用しない言葉があります。
例えば、寿司業界であれば、"しょうが"を"ガリ"、"しょう油"を"ムラサキ"などというのがそれです。
こうした符牒は、政治業界にも存在します。

まず、国会の答弁で、野党議員の提案に対して大臣がそれを「実行する」と言う場合、本当に実行するつもりなら、「実行(実施)いたします」という答えが返ってきます。

が、「対処します」また「善処(ぜんしょ)いたします」となると、実行する可能性は半分になります。

さらに、「検討いたします」「検討する必要があると思います」となると、まぁ、その場しのぎの個人的感想といった程度で、実行する可能性は限りなく0に近くなります。

なお、このような符牒は、その世界以外の人間が使うと、通常イヤミに思わますが、政治家のそれは、イヤミに思われるどころか信用をなくすことが多いので注意が必要です。

もっとも、言語学者の中には、政治家の符牒は、東京は永田町のみに通用する非常に限られた方言であるとする説も有力です。
お役立ち 情報
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
隣家の火事から逃げる、まじめな方法は?
少しだけ優しい顔に見せる、簡単な方法とは?
手についた灯油の臭いを、簡単に消すには?
「酒風呂」で全身がポカポカになる?
口臭を消すには?

広告

お役立ち情報 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告