「果糖ぶどう糖液糖」とは、どのようなもの?
清涼飲料水

清涼飲料水などの原材料名に書いてある、「果糖ぶどう糖液糖」とは、どのようなものなのでしょうか?

まず、ぶどう糖は、トウモロコシやイモなどのでんぷんから分離した、甘味のある糖類の代表選手です。
そして、そのぶどう糖よりも甘いのが果糖で、これは果物に含まれているものですが、今はさまざまな技術を使うことにより、ぶどう糖を果糖に変えることができるようになり、飲料などの原料に広く使われています。

1980年(昭和55年)に日本農林規格(JAS)で、ぶどう糖を果糖に変えた異性化液糖のうち、果糖分が50%以上のものを「果糖ぶどう糖液糖」、50%以下のものを「ぶどう糖果糖液糖」と呼ぶことになりました。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「ステガノグラフィ」とは?
ラジオの蒸気機関車の音は、大根おろし器の音?
世界の金持ちペット、ベスト10
クラゲの針は、意外と高度な仕組み?
済州島では、ブタはトイレの友?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告