年増の米もよみがえる、おいしい炊き方とは?
古米 お米

古米(こまい)、古々米(ここまい)、古々々米(こここまい)-と、世の中には舌をかみそうな、まるで「早口言葉」のようなお米が、まだまだ大量に出回っています。

これらのお米は、やはり新米よりはかなり味が落ちますが、値段の安さは魅力的です。
が、これらをおいしく炊くのは、あなたの炊き方次第です。

まず、用意するのは、酒、酢、昆布です。
ご飯を炊くときに昆布を一枚切って入れ、酒を少々ふりかけます。
これだけで、年増のも蘇ります。
酒の力か、色ツヤもきれいに、新米に負けないほどふっくらと炊き上がります。

さらに、古米は冷やご飯になると、ガクンと味が落ちるので、ご飯の傷みを遅くするために、酢を一滴落とすと良いです。

また、基本的なことですが、古米は新米よりも2割り増しの水で炊きます。
これは、言うまでもなく、貯蔵の段階で水分が蒸発してしまっているからです。
お役立ち 情報
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
朝食を抜くと、脳卒中の発症リスクが上昇?
テストの成績を上げる4つの勉強法とは?-これは試したい!
ギャンブルで破産しないためのコツとは?
古い野菜を新鮮に見せるには?
破れたお札でも灰になったお札でも、取り替えてもらえる?

広告

お役立ち情報 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告