「金庫破りは体力が勝負」と、トレーニングした泥棒がいた?
泥棒

修行中のプロレスラーは、毎日ヒンズースクワットを何千回もしますが、かつて、これと似た努力をしていた泥棒がいます。

それは、東京都中野区で、金庫破りを働いて窃盗未遂の容疑で逮捕されたCです。

この男は、もともと空き巣が専門だったのですが、「空き巣では、はした金にしかならない」と金庫破りに転向。
ところが、ドライバーとバールを使ってこじ開ける金庫破りは、思いのほか体力が要求されることを痛感します。

そこで始めたのが、腕立て伏せのトレーニング。
男は、逮捕当日まで、何百回もの腕立て伏せを、毎日欠かさず行ない、体を鍛えていたということです。
珍事件簿
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
45万円も銭湯代を払った意地っ張りな客?
脱獄した囚人が、裁判官になったことがある?
同時に6人の女性と結婚した男のたぶらかし方とは?
カラオケ番組に出て捕まった、ドジな泥棒?
古代ギリシャでは、美人は無罪だった?

広告

珍事件簿 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告