青柳は、何故「バカ貝」と呼ばれる?
バカ貝
写真は、こちらからお借りしました。

青柳は、すしのネタや、酢の物に使われる、ほんのり甘味のある貝で、東京湾、伊勢湾、瀬戸内海でとれる二枚貝の一種ですが、これを青柳と呼んでいるのは、どうやら関東だけのようです。

青柳の名前は、千葉県の富津岬付近でよくとれ、その近くの青柳という土地の人たちが、江戸へ売りに出ていたから、と言われています。

一方、不名誉な呼び名である「バカ貝」の方は、よく晴れて波の静かな日に、浮かれて殻の間から舌のような足を出すさまが、バカが舌を出しているように見えるところからとされています。

しかし、これは俗説で、本当はバカどころか、逆に賢い貝の特性に由来しています。

バカ貝は、砂地の変化や潮の満ち干に敏感で、一晩で住む場所を替えるため、「場替え貝(ばかえがい)」と言われ、これがなまって、いつしか「バカ貝」と呼ばれるようになってしまったようです。

ちなみに、バカ貝の由来のその他の説としては、蛤(ハマグリ)に似ていて殻が薄く、壊れやすいことから「破家蛤」と呼ばれていて、それがそれがなまったものとするものや、バカバカたくさんとれたことから「バカ貝」といわれるようになった、とするものなどがあります。

雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
日本最初の水道の蛇口は、ライオンだった?
「懐石料理」と「会席料理」は、まったくの別物?
えっ! 「佐藤栄作」の切手が海外で発売された時、「佐藤B作」と間違って表記された?
震度とマグニチュードの違いは?
男性にも、更年期障害はある?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告