「ゴキブリホイホイ」の原形は、江戸時代にあった?
ゴキブリ

家の中にいる害虫といえば、まず頭に浮かぶのはゴキブリですね。

ゴキブリを見ているだけで不快になるという方も多いかと思いますが、この憎きゴキブリを退治するために、今までいろいろな方法が考案され、商品化されています。

中でも、「ゴキブリホイホイ」のアイディアは、画期的なものでした。
が、実は既に江戸時代にこの原形があったのです。

ゴキブリは、江戸時代の頃は、「御器(ごき)かぶり」と呼ばれていました。
この名は、食器(御器)をかじるということから名づけられたようです。

当時は、食器は木製のものがほとんどでしたが、食べ物のかすなどがついている食器をゴキブリがかじってしまうので、大変困っていました。

そこで、寺島良安(てらしまりょうあん)という医者は、「唐傘は油紙でできている。ゴキブリは油が好きだから、古い唐傘を細工して、ゴキブリが入ってきたら逃げられないようにすればよい」ということを考えついたといいます。

これは、江戸時代の書物『和漢三才図絵(わかんさんさいずえ)』の中に書かれている、当時としては最も進んだゴキブリ退治法です。

まさしく、「元祖、ゴキブリホイホイ」といった感じですね。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
将棋の駒は、何故五角形?
古代オリンピックの選手は、全員全裸で競技をしていた?
レンコンには、何故穴がある?
海苔にも裏表がある?
缶詰の発明者は誰?

広告

雑学 | Comments(1) |
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2012-07-30 月 12:37:08
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告