使うと、神様の罰が当たるといわれたフォーク?
フォーク

それまで、手づかみで食事をしていたヨーロッパの人たちの中で、最初にフォークを使ったのは11世紀のイタリア・トスカナ国の金持ちたちです。

ところが、フォークの登場に、大反対をした人たちがいます。
それは、聖職者たちです。
神様の恵みである食べ物に触れることが許されるのは、神様の作った人間の手だけである、というのが彼らの主張です。

それでも、トスカナ国の金持ちたちは、金製や銀製の二股のフォークをつくらせては、客人を驚かせたり自慢したりしていました。
教会にとっては、これは面白くありません。

そんな折、ベネチアのあるディナーで、フォークを使って上品ぶって食事をした上流階級の婦人が、その数日後、たまたま急病で亡くなってしまうということがありました。
聖職者たちは、それ見たことかとばかり、「フォークを使おうとする不逞(ふてい)のやからに天罰が下った」と、説いて回ったといいます。

その後、二股のフォークはイギリスに伝えられますが、主に食事ではなくけんかの道具に使われたようで、14世紀になってもフォークは「高価なイタリアの珍品」扱いだったようです。

というより、フォークの祖国イタリアでさえも、17世紀までは、フォークを使う男は気取り屋であるといわれました。

そんなこんなで、フォークがやっと日常的に使われだしたのは、18世紀になってからのことです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
撥水スプレーは、フライパンと同じ構造だった?
恐竜は、哺乳類や鳥類と同じ定温動物だった?
体脂肪計は、電気で体脂肪を測定していた?
ポテトチップスは、料理人の意地から生まれた?-ポテトチップス誕生秘話
大黒様の大きな袋の中味は何?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告