赤ちゃんは、眠くなると、何故手のひらが温かくなる?
赤ちゃん

赤ちゃんは、眠くなると、手のひらが温かくなりますが、これは何故なのでしょうか?

大人と赤ちゃんとでは、体内で作った熱を外へ逃がす仕組みが違うようです。

大人は、暑いと汗をかいて放熱し、寒いと筋肉を震わせて熱をつくります。
が、赤ちゃんの場合には、暑いと血管を拡張させて放熱し、寒いと左右の肩甲骨の間にためてある脂肪を燃やして熱を発生させ、血管を拡張させてその熱を全身に送り、体を温めます。

いずれの場合にも、手のひらが温かくなります。
そして、快適な体温になると、眠り始めます。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
木陰が涼しいのは、「陽射しを遮るから」だけではない?
キラキラネームの元祖は、あの森鴎外だった?
ネコのマウスストーカー
「上田ハーロー」とは?
クロワッサンが三日月形をしている理由とは?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告