乳酸菌は、「殺菌」しても死なない?
乳酸菌飲料
乳酸菌飲料を買うと、「殺菌」と書いてあるものがありますが、乳酸菌は死なないのでしょうか?

乳酸菌飲料には、殺菌してあるタイプと殺菌していないタイプの2種類があります。
スーパーなどで、冷蔵ケースに入れて売られているものは、殺菌していないタイプです。
カルピスなどが殺菌タイプの乳酸菌飲料ですが、このタイプは当然、乳酸菌も死んでいます。

殺菌型の長所は、以下の通りです。

1.常温で流通できる
2.殺菌していないタイプが最高2週間ほどしかもたないのに対し、殺菌タイプは半年から1年ほど長持ちする。

殺菌タイプの乳酸菌飲料も、風味は残っており、菌の成分も腸内で有効なので、乳酸菌飲料を買う場合、どちらのタイプかはあまり気にする必要はないようです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
スタミナドリンクのビンの色は、何故茶色?
犬の年齢の数え方は?
大きな動物病院で、犬を飼っているのは何のため?
「天災は忘れた頃にやってくる」は、関東大震災を調査した寺田寅彦の言葉だった?
「一富士、二鷹、三茄子」とは?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告