ポイントカードで、文字が書き換えられる仕組みは?
ポイントカード

ファミリーレストランなどで、買い物をするたびに点数が増えるポイントカードがありますが、前の文字が跡形もなく消え、書き換えられています。
これは、どういう仕組みになっているのでしょうか?

このカードは、「リライトカード」と呼ばれるもので、カードの表面に染料と顕色剤(けんしょくざい)と呼ばれる固有の酸を含む記録層があります。
この部分に熱を加えると、この染料と顕色剤がくっついて色が出、文字、数字、絵などを描くことができます。
1mmあたり128個と、非常に多くのの点で構成されているため、細かい線の描画も可能です。

このカードを素早く冷やすと、染料と顕色剤がくっついたままになり、文字が現われ、逆にゆっくり冷やすと、染料と顕色剤が離れて文字は消えます。

ポイントは、加熱と冷却の速度で、この2つを変えることにより、書いたり消したりしているのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「スープの冷めない距離」は2キロまで?
奈良の大仏の顔カタチは、江戸っ子の好み?
お酒に強い人と弱い人がいるのは何故?
胃袋が胃液で溶けないのは何故?
「リンゲルマン効果」とは?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告