握りずしは、何故「一貫」という?
寿司一貫

握りずしの起源は、今から約180年前の文政の始めごろだといわれています。
そのころは、時代劇に登場する銭形平次(ぜにがた へいじ)のように、貨幣を10枚ぐらい集め、穴をわらやひもで貫いて持ち歩いていました。

握りずしの大きさが、これと同じくらいの大きさだったことから、「一貫」という呼び名が生まれました。

一方、寿司を握るときの手の動きが、忍者が印を結ぶ動きに似ていることから、忍者の巻物を連想して、「貫」ではなく「巻」の字を当てる説もあります。

また、昔は今と違ってネタの数が少なかったため、寿司を大きく握り、2つに切って出していました。
2貫セットは、その名残です。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
乾電池に張ってあるビニールは無駄?
鳥は、何故電線に止まっても感電しない?
60歳以上でも臓器提供者(ドナー)になれる?
植物工場で生産された遺伝子組み換えイチゴで、犬の歯周病が治る?
日本茶の湯のみに、取っ手がないのは何故?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告