小鯛の骨は、人まで殺す?
鯛

明治28年3月のこと。東京の向島須崎町に住む小野九兵衛さんの家で、小鯛を買って食べたところ、しばらくして三女のお静ちゃん(7歳)が、痛い痛いと泣き出しました。

翌日になってもまだ痛がるので、医者に来てもらったところ、さあ大変。
小鯛の骨が2本、のどに刺さっていて、その苦痛から泣いていることが分かりました。

が、手当てをしようとしたときには時すでに遅く、お静ちゃんは息をひきとってしまったのです。

しかし、たった2本の魚の骨が、7歳の女の子の命を奪ってしまうなんて、恐ろしい話ではありませんか。
たかが小骨と、あなどってはいけませんね。
珍事件簿
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
古代ギリシャでは、美人は無罪だった?
カラオケ番組に出て捕まった、ドジな泥棒?
新婚生活をフイにしちゃった空き巣?
リンカーンとケネディーの暗殺には共通点があった?
遅刻の言いわけで、パトカーが出動?

広告

珍事件簿 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告