ローマは、鉛によって滅んだ?
ローマ帝国 地図

最盛期には「すべての道はローマに通ず」とまでいわしめた強大なローマ帝国も、専制君主によって共和制が失われるなど、国の内部から蝕まれ、やがては分裂・滅亡への道を辿ることとなってしまいました。

ローマ帝国が滅んでしまった原因は、制度や法律が人々を締め上げてしまったこともそのひとつですが、人々の体も、ある毒物によって蝕(むしば)まれていたという話があります。

それは、現在でも比較的良く使われているです。

鉛は、古くから使われている金属で、紀元前5世紀ごろ、化粧品や陶器の釉薬(うわぐすり)に使われていたという記録が残っているほどです。
柔らかく、加工がしやすいのがその特徴のひとつで、紀元前から上下水道をつくっていたローマ人は、鉛でその水を通すパイプをつくっていました。

カラカラ浴場がよく知られている大衆浴場や、化粧品、食器、ブドウ酒の壷(つぼ)など、さまざまな物に加工されました。

さて、鉛は、加工しやすいという利点があるものの、その性質は水銀に似ていて、強い毒性をもっています。
実際、これだけ鉛を多用していた貴族階級には流産・死産が多く、遺骨からは高濃度の鉛が検出されたそうです。

このことから、「ローマは鉛によって滅んだ」ともいわれるほどなのです。

鉛に関しては、ヒポクラテス(Hippocrates 紀元前460年ごろ-紀元前370年ごろ)のころから、臓器や筋肉の痛み、精神障害が出ることが知られていたようですが、結局、鉛の便利さには勝てずに、ローマ人は自分の首を自分で絞めることになってしまったようです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
蚊に刺されやすい血液型はある?
プードル犬の刈り方は、水鳥猟のための目印だった?
えっ? 変速エスカレーターは、内部が変形して速度を変える?
初夢に見ると縁起が良いとされる「一富士(ふじ)、二鷹(たか)、三茄子(なすび」は、六まで続く?
演奏に、18時間以上かかる曲があるって本当?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告